海女振興協議会

われわれの暮らす鳥羽市・志摩市には、木曽三川から流れ出る淡水と伊勢湾口の海水が融合することから、全国でも有数の漁場が形成されており、両市には全国最多となる700人を超える「海女」が潜業しています。

海女の歴史は古く、縄文時代や弥生時代の貝塚からは、大きなアワビ貝や、それを採るために使ったと思われる鹿の角を加工した道具が発見されていることから、男女の別はわからないにしても、古代から受け継がれている漁法であることがわかっています。

また、海女たちが漁の前後に火にあたり、身体を温めながら談笑する海女小屋において、本物の海女が観光客をおもてなしする「海女小屋体験」の取り組みを行っており、近年都市部や外国からの観光客にも人気を博しております。

このような海女漁のスタイルや海女に関連する資源を貴重な地域資源と位置付け、海女漁業の振興、海女文化の振興及び海女文化による観光振興を図ることを目的として、平成24年6月に三重県、鳥羽市、志摩市、漁業協同組合をはじめとする各種関係団体とともに「海女振興協議会」を設立しました。

協議会では、「海女漁業の振興に関すること」、「海女文化の振興及び保存・継承に関すること」、「海女文化のユネスコ無形文化遺産登録促進に関すること」、「海女文化による観光振興に関すること」を事業内容として、「海女サミット」(2009年の第1回をはじめ2017年まで合計8回開催)の開催をはじめとした様々な取組みを進めています。

© 2019 海女 | Toba & Shima Ama (Japanese Female Freedivers) | 日本

鳥羽市立 海の博物館, 三重大学海女研究センター, 海女振興協議会, 鳥羽商工会議所