© 2019 海女 | Toba & Shima Ama (Japanese Female Freedivers) | 日本

鳥羽市立 海の博物館, 三重大学海女研究センター, 海女振興協議会, 鳥羽商工会議所

中参宮

(なかさぐ)

鳥羽市石鏡町

7月10日

青峯山正福寺:本尊十一面觀音

海女漁の中休みとして、石鏡の海女全員が海上守護の霊峰として漁師たちから信仰が深い鳥羽市松尾町の青峯山 正福寺(海抜 336 メートル)に参拝する。石鏡では春と夏、年末の3回、青峯山に参拝しているが、夏だけは海女による演芸会が催される。

寺に到着した海女は燈明石から坂をおりた所にある石塚に石を積み、山門では一人ずつ鐘を打つ。

境内にある客殿で昼食を済ませると演芸会。芸達者な海女らは、旦那さんの服を着たり、オリジナルのかぶり物を 用意し、カラオケや踊りを披露する。飛び入り参加もあり、大いに盛り上がりを見せる。演芸の最後は、石鏡に伝 わる「よいころ節」を全員で歌う。演芸会が終わると、海女は本堂に参拝。住職が護摩をたいて大漁を祈願する。

 戻る