© 2019 海女 | Toba & Shima Ama (Japanese Female Freedivers) | 日本

鳥羽市立 海の博物館, 三重大学海女研究センター, 海女振興協議会, 鳥羽商工会議所

伊雑宮 御祭

(いざわのみや ごさい)

志摩市磯部町上之郷

旧暦6月24日近く、7月の下旬

伊雑宮:天照坐皇大御神御魂

伊雑宮奉賛会が五穀豊穣、大漁祈願を願い、自治会など地元関係者が参列して執り行う神事。 近年は7月の下旬に実施している。5年程前までは、御祭の日に合わせて参拝する海女もおり、 奉賛会では餅を配っていた。2014 年は遷座祭の年なので、市内3地区の海女が磯着姿で伊 雑宮に参拝した。

鳥羽志摩の海女は、6月24日の御田植式に「七本較」が現われるという言い伝えから漁を 休んで伊雑宮に参拝する習わしがあるが、夏の土用の頃にあたる旧暦6月25日、26 日を御 祭とする漁村もあり、参拝する日は異なる。参拝する習慣が途絶えてしまった地域もある。

 戻る