© 2019 海女 | Toba & Shima Ama (Japanese Female Freedivers) | 日本

鳥羽市立 海の博物館, 三重大学海女研究センター, 海女振興協議会, 鳥羽商工会議所

浜清め

(はまきよめ)

志摩市志摩町片田

旧暦6月13日

八大龍王

海の安全と大漁、海で亡くなった海女の冥福を祈る神事。

午前6時半ごろ、大里浜には海女や漁師らが三々五々集まってくる。浜には祭壇が設けられ、八雲神社の宮司が浜を浄め、大漁と安全を祈願する。

海女は祭壇に供えてあった米と白餅を手にし、浜に向って小石を3つ置いてその上に米と白餅を乗せて祈りをささげる。龍神 さんや天王さんなど、信仰する場所にも同様に供えて安全を祈願する。

海女の代表数人は、機種を模して作った高さ5センチ程の竹筒を12個持ち、麦崎灯台下の岩礁に行く。麦崎の南方海中には「竜 宮井戸」と呼ばれる場所があり、ここに潜った海女が戻らなかったという言い伝えが残っている。旧暦6月13日はこの海女ら の命日として竹筒には米と酒を供えて海へ流し、冥福を祈る。この日は「いそど日待ち」と言い、海女漁は休み。

 戻る