© 2019 海女 | Toba & Shima Ama (Japanese Female Freedivers) | 日本

鳥羽市立 海の博物館, 三重大学海女研究センター, 海女振興協議会, 鳥羽商工会議所

潮かけ祭り(大島祭)

(しおかけまつり)

志摩市志摩町和具

旧暦6月1日

大島神社:市杵島比売命

海の女神・市杵島比売命が鎮座する和具の八雲神社から、向いの大島にある祠へ里 帰りすることを祝い、海女や漁師が大島周辺で操業した漁獲物を大島神社に供えて大 漁と海上安全を祈願する祭り。 伊勢神宮から授かったお札「万度」を乗せたまんど船を先頭に、大漁旗をなび】 がら漁師と海女が大島へ渡る。海女らは白い磯着を着てアワビやサザエなど神社と導 に供え、手を合わせて安全を願う。

神事が終わると、海女と漁師は禊ぎの意味があるという潮水の掛け合いを知 が掛かると魔よけになり、その年に良いことがある」という信仰があり、和具漁巻でも老若男女関係なくホースやバケツを使った潮の掛け合いがある。

 戻る