© 2019 海女 | Toba & Shima Ama (Japanese Female Freedivers) | 日本

鳥羽市立 海の博物館, 三重大学海女研究センター, 海女振興協議会, 鳥羽商工会議所

御潜神事

(みかづきしんじ)

鳥羽市国崎町

旧6月1日

(現在は休止)

伊勢神宮に献上する「駿斗飯」のアワビをとるための神事。昔は、この日、禁漁区とされた 御潜の浜で、国崎の海女のほかに神島、答志島、菅島、石鏡、相差、安乗の海女が、一日に 3回潜ってアワビをとっていた。

この神事は、明治4(1871)年11月の御贄献進制度の廃止と共に途絶えたが、平成 15 (2003)年、地元を走るパールロードの一部無料化を記念して 132年ぶりに復活。海女約 150人が白 い磯着に木の桶を持って海に潜り、海士潜女神社にアワビを奉納した。

平成19(2007)年から再び中断。平成 21(2009)年には国崎の海女だけで再現し、2年ほ ど続いた。平成 25(2013)年には第62回神宮式年遷宮の奉祝事業として鳥羽、志摩両市の 海女 93人が白い磯着姿で海に入り、神事を再現した。

 戻る