© 2019 海女 | Toba & Shima Ama (Japanese Female Freedivers) | 日本

Toba Sea-Folk Museum, MIE UNIVERSITY AMA RESEARCH CENTER,

AMA Promotion Council & the Toba Chamber of Commerce

駿斗飯づくり

(のしあわびづくり)

果指定無形民俗文化財

鳥羽市国崎町

御料腹調製所

国崎の海で海女がとったアワビは、国崎にある御料腹調製所で伝統技法を受け継いだ古老によって威斗飯に調製される。古老は専用の道具を使い、果実の皮をむくようにアワビを薄くそいで一 本にし、それを干し場で天日にあて乾かす。乾燥したアワビは、大小の身取飯、玉貫飯に調製し、神宮の三節祭(10月の神嘗祭、6月と12月の月次祭)のために献上する。

 戻る