© 2019 海女 | Toba & Shima Ama (Japanese Female Freedivers) | 日本

Toba Sea-Folk Museum, MIE UNIVERSITY AMA RESEARCH CENTER,

AMA Promotion Council & the Toba Chamber of Commerce

のっと正月

(のっとしょうがつ)

記録作成等の措置を講ずべき

無形の民俗文化財

 

鳥羽市国崎町

1月17日

正月の終わりの日とされる1月17日に家内安全や海上安全、豊漁などを祈願し、正月の神をわら船に乗せ、火を付けて海へ送り出す行事。

各家では魔よけの言葉を記した「ツメの札」と洗米、赤飯、なます、お神酒、小銭を用意し、海女がそれらを持って前の浜に集まる。浜では米と小豆、小銭をたらいに入れ、ツメの札を浄めてから、浜にある小石にツメの札を立て、なますやお神酒を供えて龍神に祈る。

一方、浜では町内会が用意したわらを使って、10人ほどの海女が長さ180 セ ンチ、幅100 センチのわら舟を作る。わら舟には「歳徳丸」と書いたのぼりを 立て、お神酒で浄めた後、波打ち際まで運んで火を付け、鈴の音を鳴らしな がら海へ流す。ツメの札は神棚、えびす棚、床の間にも供えられる。

 戻る