どうしてアマは女性?

今日ではアマといえば女性の海女だと思われていますし、たし かに鳥羽・志摩地方では海女が圧倒的に多いようです。

 

では、アマはどうして「女」か? 3つの代表的な説があります。

 

① 女性は男性と比べて、皮下脂肪が多く、寒さに長く耐えられるという説。

 

② 漁業が発達するにしたがって、男は次第に大量な漁獲を求めて、

沖の漁場へ出て行くようになり、磯でする潜水漁業は自然に女の海女になったという説。

 

③ 朝廷や神宮へ神饌としてアワビを奉る神聖な役割は、とくに女性が果たしていたという説。

 

あなたはどれだと思いますか?

 

女性が漁業に従事するのは、日本では珍しいことです。アマの漁法や習慣には、伝統的な海の民の生活を想わせるものも少なく ありません。

​海女は何秒潜れるか?

海女は息が続くかぎり一息に潜ります。海の中に潜っている時間は人によりますが大体50秒前後です。

海女は何をとる?

海女の獲物の中心はアワビとサザエ、他にウニ、ナマコや稀にイセエビ、 ヒジキ、ワカメ、アラメ、テングサといった海藻類があります。 志摩半島お海女たちは、魚を獲ることはまずありません。

© 2019 海女 | Toba & Shima Ama (Japanese Female Freedivers) | 日本

鳥羽市立 海の博物館, 三重大学海女研究センター, 海女振興協議会, 鳥羽商工会議所